スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですが 

akiresuken.png


前に、某氏の某所のこっそりした日記で、
足し算と掛け算に喩えていたのが中々上手いなぁと。

足し算も○だと思いますが、
それらが掛け算にも成れれば尚◎だと思うのです。
たとえ、どんなに小さい事でも、瞬間でも、何でも、何についてでも、良いんじゃないかな。
各々の持ってる物が最終的に掛け算に成れれば。

大事なのは、その時に、お互いに、幾つまで掛け続ける事が出来るように成れるか。
2回までなのか、それとも3回以上なのか。
喩えていうなれば、5×3+3+3なのか、3×3×3なのか。
5を15個足すのか、5を5個掛けた物を3つ足していくのか。全部掛けるのか。
この掛ける量、部分を増やす訓練のチョイスは、自分次第じゃないかしら。
どのアプローチを取るのも自由だと思ったり。

…私はまだまだ、足し算しか出来ないかも。
2個くらいなら掛けることが出来るかもですがががががが。
頑張るかなっ。


そんなふぃーりんぐです!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。